会話の流れを作るには

パソコンを扱う手元

ツーショットダイヤルやテレクラなどを利用して行うことのできる、イメプ。女性側は基本的に利用料が無料となっていますが、男性側は有料です。しかし有料とはいえ、電話越しに恥ずかしいプレイを行うことができるというサービスは多くの男性を魅了しており、日々のストレスを発散するのにも適しています。

とはいえ、ツーショットダイヤルなどを利用して女性とつながったとしても、いきなり勝手にイメプに入っていいわけではありません。お互いが初めて同士ですから、まずは簡単な自己紹介を行うのが基本です。自己紹介といっても、その場限りの付き合いなので本名や本当のステータスを名乗る必要はありません。この電話の間だけ呼び合うのに不自由がないよう、仮名を名乗り合う程度でいいでしょう。
そして最初は、たわいない会話から入るのが無難です。趣味の話などからだんだんと打ち解けていき、それからイメプに入るようにしましょう。もちろん、最初の会話の時点で楽しくなって盛り上がってしまうことはあるかもしれませんが、イメプをしたいのであればある程度のところで切り上げる必要があります。時間が長ければ長くなるほど、利用料金が高くなってしまうからです。

いよいよイメプをするとなったら、どのようなシチュエーションを設定するのかを話しあいましょう。こういうエロい話は野郎ばかりが興味あることだと男性のほうは思っているかもしれませんが、女性でもエロいシチュエーションを設定してイメプで興奮したいという人は多く、少なくともツーショットダイヤルなどを利用している時点でそれなりの興味はあるということです。
イメプを楽しむコツは、とにかく恥を捨てること。自分が攻め側に回るのだとしても、受け側に回るのだとしても、自分たちで設定した状況に恥ずかしがることなく役になりきって会話を続けましょう。その背徳感が、極上の興奮を与えてくれるはずです。相手方の喘ぎ声があることや相手も興奮しているということを考えると、普段の自慰よりも圧倒的な気持ちよさを感じることだってできるはずです。